高校部の子たちはよく理解してるよ。

塾長の叫び

色々テンコ盛りで疲れた後はいつも決まって思うんだよね。




僕が頑張っても仕方がない




と。




僕の「やった感」なんてどうでもいいわけで、




結局、塾生たちが頑張らないと意味がないんだよね。




もちろん「塾生たちは頑張ってない」なんて言うつもりはないよ?




毎日ホントによく頑張ってる。




特に受験生はスゴい。




ただ、やっぱりまだまだ「先生がいないと」なんだよね。




最終的に「受験を自分事」と捉えてめちゃくちゃに頑張ってきた高校部の面々はよく分かってる。




自分が頑張るかどうか




結果が出ようが出なかろうが、自分が頑張るかどうか




とね。




彼らと話してるとさ、中学生の頃と比べてホントに成長したなって思うよ。




さて。




今の中3生たちにもその域へ達してもらうために、僕は何をすべきか。




そこを考え抜いていかねばね。

タイトルとURLをコピーしました