塾長の叫び

井伏鱒二の「鯉」か。




なかなか、中学生にはハードルの高い物語だったね。




まぁ、近代の文章に触れるいい機会として、バシッと解説してきたぜっ♪

タイトルとURLをコピーしました