黒く塗れ!

塾長の叫び

ローリング・ストーンズだね。笑





よく、

勉強は点と点を線で結んでいくもの、

と言われる。







点が暗記事項で線が理屈。








僕のイメージはこう。





白いキャンパスがあって、

黒いペンを持っている。






キャンパスは頭の中、

ペンは知識と知恵を頭に入れるためにある。









さて、描いていこうか。








ここで、

いきなりランダムに点を打ちまくるんじゃなく、

まずは端っこから。







僕の中では右下から。笑









だいたい点を打ったら、

これは右下4分の1でもいいし、

8分の1、16分の1でもいい。







とにかく全部一気に打とうとしちゃいけない。








ある程度点が打てたら、

今度は線で結んでいく。







でね、

線を描いてたら新しい点が見えてくるんだ。






その点を描き、また結び、点が出て、結ぶ。






これを続けていくとね、

どんどん黒くなっていくよね。








黒い部分が多ければ多いほど問題に正解できる。





間違えた問題はまだ塗れていない白い部分。






問題に間違えた時、

それは塗れていなかった部分がハッキリした、

というわけ。






だからそこを塗ればいい。






この時もただ隙間を埋めるんじゃなく、

必ず点と点を線で結んで黒く塗ること。









さて、だいたい塗れたから次のゾーンへ。








また、

点を打つことから始まり、線で結び、

と続いていく。









そうして1枚のキャンパスを真っ黒に塗れた時、その勉強は完成。





次の1枚へ。






とね。













分かってくれたかな。笑



僕の頭の中の、

勉強のイメージを文字にしてみた。








簡単に言うと、

点と線で黒く塗れ!

という感じかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました